スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ゴルフの歴史

本日もフェスティバちゃんがゴルフの練習で忙しい為
GTOが代役を務めます♪♪

本日のお勉強はゴルフの歴史についてです。

GTOはロングバケーションの時に行った明治村にすっかり魅了され
ゴルフも明治からなのだろうかと思い調べてみました。



ゴルフの起源には、いろいろな説があるようです。
有名なのが、スコットランドの牧童が棒切れで
小石を打って野ウサギの穴へ入れて遊んだのが
ゴルフのはじまりと言う説です。
これも一説に過ぎず、オランダ、
ドイツなどのヨーロッパから中国、
日本などのアジアにもゴルフの原形と
言われるような話があるようで、定説がはっきりとしていません。



15世紀には、スコットランドで盛んに行われていた様で、
その頃は、パーと言うものがなく2人でマッチプレー方式で勝敗を競っていました。
しかし多数のゴルファーが参加する試合では、
マッチプレー方式では何回も繰り返す必要があるため、
順位付けを易しくするためにストロークプレー方式へと移行したそうです。
ストロークプレーが主流になりますと、
18ホールの合計距離に対して規格が必要になり、
各ホールの規定打数を決め、コースごとの合計規定打数が比較できるように
定めたのがパーと言う概念のはじまりとなっているようです。
そして英国でも盛んにゴルフが行われるようになり、やがて世界へと広まっていきました。



日本でゴルフが広まったのは、明治34年(西暦1901年)、
英国のアーサー・ヘスケス・グルーム氏によって
神戸の六甲山で日本初のゴルフのショットが
打たれたのがはじまりとされています。
その後、明治36年(西暦1903年)には
神戸ゴルフクラブが設立され日本人もゴルフを行うようになりました。
歴史を振り返っても起源についてはっきりしない点では、
ゴルフはスポーツの中でも最も歴史が古いかもしれませんね。



GTO韓国講座

GTOは「大丈夫」、「何とかなるさ」という言葉が大好きです。
「大丈夫」と「何とかなるさ」→韓国では、「ケンチャナヨ」


発音を正しく表記すると「クェンチャナヨ(kwenchanayo)」。
ですが、「ケンチャナヨ」でOKです。

ケンチャナヨは、いろんな場面で使える、とっても便利な言葉です。
是非、覚えましょう♪♪


スポンサーサイト

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

18 : 37 : 56 | カスタマーセンター | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<すごいぞ!KEI君 | ホーム | ロマンスの神様>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://festivalgolf.blog88.fc2.com/tb.php/322-91b3f344
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

来場者カウンター

プロフィール

敏腕☆フェスティバル店長’S

Author:敏腕☆フェスティバル店長’S

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上野APEX (59)
上野本店 (46)
新宿一号 (43)
新宿Wing (54)
五反田TOC (39)
カスタマーセンター (13)
admin (4)
スポーツ館 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

フェスティバルゴルフ携帯サイト

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。